弁護士をお探しなら東京渋谷法律事務所にご相談ください。経験豊富な弁護士による法律相談を実施しております!

事業承継

事業継承

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。

中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が、会社の強みや存立基盤そのものになっていることが非常に多く、そのオーナー社長が、「誰」を後継者にするのかは慎重に判断すべきです。

事業継承の方法

①親族に承継する

親族に対する事業承継としては、遺言を活用して後継者に株式を集中させることになりますが、他の親族の遺留分に配慮する必要があります。配慮の方法としては、生命保険金、又は中小企業経営承継円滑法の活用等がありますので、詳細は弁護士にお尋ね下さい。

②従業員等に承継する

従業員に対する事業承継では、譲渡制限株式の譲渡、又は買取請求、全部取得条項付種類株式による既存株式の取得、議決権制限株式の付与等、会社法上の制度を利用して後継者に株式を集中させます。

③M&Aで承継する

親族内や社内に適当な後継者がいない場合、合併や株式交換、営業譲渡などのM&Aによる方法もあります。M&Aには、会社の全部を譲渡する方法と、会社の一部を譲渡する方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、会社の特性に応じて、どちらがいいか検討する必要があります。

会社の現状や利害関係人の協力状態によって、適切な事業承継は異なりますから、お早目に弁護士に相談下さい。

法律相談のご予約はこちらまで TEL 0120-777-811 8時から20時まで(土日・夜間は受付のみ)

アクセス

住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-17 渋谷SSビル8F

営業時間
月〜金: 9:30 AM – 5:30 PM
法律相談のご予約は上記時間外(休日を含む8時~20時)でも受け付けております(夜間・休日は受付のみのご対応となることがありますが、折り返し等でご対応させていただきます)。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.