弁護士をお探しなら東京渋谷法律事務所にご相談ください。経験豊富な弁護士による法律相談を実施しております!

遺産分割協議

遺産分割協議

相続財産をどのように分けるかを、相続人全員で話し合って決めることを、「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議の進め方

相続が開始すると、被相続人(亡くなった人)の財産は相続人に相続されます。

その財産は、いったん相続人全員の共有財産となりますが、そのままでは各相続人の単独所有とならないため、相続人間で遺産分割を行うことになります。

遺産分割はまず、被相続人が生前に遺言で指定する、「指定分割」に従います。

遺言がない場合は、相続人全員の協議による、「協議分割」により行うことになります。

相続人間で遺産をどのように分割するかは以下の方法があります。

■指定分割

→被相続人が遺言によって指示した分割方法で、まずはこちらが最優先です。

■協議分割

→共同相続人全員の協議により行う分割方法です。

全員の参加と同意が必要で、一部の相続人を除外したり、無視をした場合は、協議は無効になります。

ただ、結果的にどのような内容の分割になっても、お互い意見が一致して決定した分割であれば、協議は有効です。

■現物分割

→遺産そのものを現物で分ける方法です。

現物分割では、各相続人の相続分を均等に分けることは難しく、相続人間の取得格差が大きくなることもあります。その際は、その差額分を金銭で支払うなどして、代償を付加します。

■換価分割

→遺産全部を売却して現金に代えて、その現金を分割するという方法です。

現物をバラバラにすると価値が下がる場合などは、この方法が採られます。

■代償分割

→遺産の現物を1人(または数人)が相続し、その取得者が他の相続人に、相続分に相当する金銭などを支払うという方法です。

■共有分割

→遺産を相続人が共有で所有する方法です。

共有名義の不動産は、この後の利用や売却などに共有者全員の同意が必要です。

遺産分割の話し合いがまとまれば、必ず遺産分割協議書を作成しておくようにします。

後日のトラブル防止の意味合いもありますが、遺産の中に不動産があった場合、所有権移転の登記の際に必要となりますし、預貯金を引き出す場合にも必要となるケースがあります。

遺産分割協議は、一度成立すると、その内容を覆すことは非常に困難です。

遺産分割協議の進め方で問題が生じた場合には、お早めに弁護士にご相談下さい。

法律相談のご予約はこちらまで TEL 0120-777-811 8時から20時まで(土日・夜間は受付のみ)

アクセス

住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-17 渋谷SSビル8F

営業時間
月〜金: 9:30 AM – 5:30 PM
法律相談のご予約は上記時間外(休日を含む8時~20時)でも受け付けております(夜間・休日は受付のみのご対応となることがありますが、折り返し等でご対応させていただきます)。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.