【法律相談実施中】渋谷駅近く。担当弁護士が初回相談から一貫して対応します!

成年後見制度(任意後見契約)

成年後見制度(任意後見契約)

高齢や障害などによって判断能力が不十分で、自身の財産管理も難しく、介護保険等の契約もうまく行かない場合があります。
また、悪質商法の被害に遭い、思わぬ損害を被ることがあります。
生きている間、自分の意思のままに、安心して暮して行くために、影で支えるのが成年後見制度になります。

成年後見制度は、大きく分けて「任意後見」と「法定後見」に分かれます。
判断能力が十分にある元気なうちに、将来に備えるのが「任意後見」です。
判断能力に衰えのある人を支援するのが「法定後見」です。
法定後見は判断能力によって3つの類型があります。

後見人は、任意後見人・補助人・保佐人・成年後見人に、それぞれに家庭裁判所が任命する後見監督人の方がいます。主な仕事は、財産管理事務・身上監護事務などですが、本人に代わって法律行為を行う場合もあります。
仕事の内容に付いては、それぞれの契約や類型によって違います。安心して暮して行くためには、色々な事柄、を判断能力があるうちに決めておかなければなりません。

今お困りの問題や、今後想定される事柄に、成年後見制度を利用するとどうなるのか、詳しく聞きたい方は、まずは弁護士にご相談下さい。

法律相談のご予約はこちらまで TEL 0120-777-811 電話受付 平日9時30分から17時30分まで

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.