【法律相談実施中】渋谷駅近く。担当弁護士が初回相談から一貫して対応します!

投資不動産の運用難と債務整理

投資不動産の運用難と債務整理

 

アパート経営、マンション一棟経営、ワンルームマンション経営などの不動産投資をされている方々から、経営が行き詰った際のご相談が多く寄せられております。

電話勧誘やセミナー等で不動産投資を勧誘され、実際に不動産経営をしてみると、思うように賃料収入があがらず、ローンの支払いに本業の収入を充てるものの全く追いつかなくなるというケースは、決して珍しいことではありません。

最近でも、シェアハウス「かぼちゃの馬車」におけるトラブルが問題になりましたが、このような件は決して珍しいものではありません。

ご相談を伺うと、

・不動産会社に、頭金不要でローンが組める(フルローン)からと言われて購入した。

・実際の賃料収入が、事前に聞いていた話と違う。

・不動産会社が、サブリースにして賃料を支払ってくれるというので安心して購入したが、サブリース賃料の支払いが遅れたり、支払われない。

・賃料保証をすると聞いていたが何もしてくれない、不動産会社が夜逃げした。

・物件の修繕費等が想像以上にかかって大赤字。

など、様々なトラブルがあります。

中には、購入時に手付金を支払ったのに、他に売却されてしまった等という悪質な事案もありました。

 

こういった被害を予防する手段としては、よく言われることですが、

「必ず儲かる話が、勧誘等でくることはない」ということです。

必ず儲かるのであれば、その会社が購入して運用すれば良いはずですが、何らかのリスクがあるから、顧客に売却して手数料や利ザヤで儲けようとしているのです。

サブリース等での賃料保証をしてまで、売却したいという場合には、その会社は、そこまでしても儲かるだけの利幅を上げている、つまり相場より高く買わされている可能性が高いのです。

高く買うということは、金利負担が増えるだけでなく、売却して撤退するということも難しくなります。

 

不動産投資で騙されたと思ったり、撤退したいと考えるのであれば、すぐに弁護士にご相談してください。

ローンの支払いに給与やボーナスをつぎ込み続けても、結局はローン債務について整理せざるを得なくなるケースは多く、そうであれば、早めに対応を採った方が良いです。

自己破産以外にも、任意売却での解決が可能になる場合もあります。

お一人で悩むより、当事務所にご相談ください!

法律相談のご予約はこちらまで TEL 0120-777-811 電話受付 平日9時30分から17時30分まで

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.